パチンカスと呼ばれる中毒者たち

パチンカスという言葉が世間に浸透し始めてきています。

 

元々この言葉はパチンコにハマってしまい、周りが見えなくなってしまった人達の事を揶揄している別称でもあります。

 

私自身はパチンコに興味がありませんでしたので何も問題なかったのですが、友人や家族がパチンコにハマって次々と借金地獄にハマっていく周囲に迷惑をかけ始めています。

 

そんな私がパチンカスである友人や家族から借金を何とかしたいと相談を受けてきて実際に完済させるまでしっかりと助けてきた方法を紹介いたします。

 

ハッキリ言ってパチンカスは始末に負えないほどタチが悪い連中です。事ある毎にパチンコの話題をして、勝手な妄想で次は勝てるなどとほざき始めます。

 

勝っている時は良いのですが、負けはじめると途端に機嫌が悪くなっていき人間関係にも影響が出始めます。

 

ここで先に言っておきます。パチンカスは救いようのない人間のクズだと私は思っています。ですが苦しんでいる友人や家族を放っておくわけにもいかずに助けざるを得ませんでした。

 

いくら借金を作って頭の中がお花畑になろうとも、本人がこの状況から脱出したいという覚悟があればパチンカスの悲惨な末路は回避できます。

 

そんなパチンカス達の救済方法は実はあるんです。そして1人でも多くの中毒者を救えればと思います。

 

パチンカスを見てきた男は語る!

 

パチンカスって自分が破滅寸前まで行かないと気付かない人って多いですよね。

 

他人に迷惑かけてまで狂ったように夢中になる姿は最早中毒としか言えないでしょう!

パチンカスが何故ハマってしまうのか?

パチンカスが何故パチンコにハマってしまうのか?を知っておく必要があります。

 

パチンコが始まったのは戦後の1950年頃からと言われており、発祥の地は愛知県の名古屋市です。

 

元々は換金性のあるゲームではなく景品と交換するものだったのですが、いつしか出玉を換金できるようになり、ここからパチンコ人気が出始めました。

 

非常にギャンブル性の高いモノで、国の法律では店舗での直接換金は禁止されていますが、店舗の外に別会社という名目の三店方式で換金ができるようになっています。

 

これらの理由でパチンカス達の射幸心をあおり、18歳以上なら誰でも遊べるという事で夢中になっていく人たちが後を堪えません。

 

しかもパチンコ店は年中無休で基本的に営業しています。開店時間は朝10時ですが、9時ごろから店の前で並んで待っている人たちも結構います。

 

そういった人たちは如何に早く釘の甘い台を探して席を取るかに人生をかけているプロフェッショナルのパチンカスでもあります。

 

店舗ごとにイベントを行ったりもしているので、そんな日は開店前から大行列ができてある意味お祭り状態のような雰囲気すら感じさせます。

 

また地方の田舎などの娯楽の少ない場所ですとパチンコ以外に楽しみがないといった現状もあり、仕方なく始めてパチンカスになっていくというケースも見受けられます。

 

パチンカスの元カノが語る!

 

私はパチンカスとは絶対に付き合いたくないです。元彼がそうだったので最低だと思ってます。

 

四六時中パチンコの事ばかりで最後は私に金を貸してくれというようになってきましたから(怒)

パチンカスが借金まみれになる搾取システム

パチンカスと切っても切り離せないのが借金です。

 

私の周囲のカス達も例外なく借金まみれでした。しかも全員が消費者金融から借り入れていました。

 

しかも限度額いっぱいまで借りており、毎月の給料で返済しては別の会社から借り入れるといった複数の借り入れを行っていました。

 

基本的に消費者金融の借入限度額は50万でスタートします。ですがある程度の期間を借入していると会社から連絡があり「限度額を100万にしますけど如何いたしましょう?」と囁かれます。

 

そこで「お願いします」と一言告げると、その場で限度額が100万に変更されて借り入れが更にできるようになるという搾取し続けるシステムとなってるのです。

 

こうなってしまっては借金の元金が減るよりも金利を払い続ける事がメインとなり、何年たっても金利だけを払い続けるような状態となって借金漬けの哀れな末路が待っています。

 

また金融会社も上手くパチンカスから搾取する方法が巧妙と言えます。ほぼ必ずと言っていいほどパチンコ店の近くにATMを設置しています。

 

これらが意味する物はパチンコ店で負けているカスが店の外に出てすぐに借り入れをしてすぐにまたパチンコを打つ事が出来るという連携プレイでもあります。

 

恐らくはパチンコ店と消費者金融側は手を組んでいるでしょう。私がパチンコ店の経営者なら間違いなくそうします。だってパチンカスから幾らでも搾取できますから。

 

最早パチンコにハマってしまった連中というのは後先考えずに借金を繰り返し、破滅という末路が来るまでラリってパチンコを打ち続ける事でしょう。

元パチンコ店の店長の一言

 

パチンカスって馬鹿ばっかだから幾らでも搾取できますよ。一度型にハメたら勝手に店に来ますからね(笑)

パチンカスの心を掴む魅力的な台

パチンカスはただ単にパチンコが出来れば良いというわけではないのです。

 

それは各々が気に入っていパチンコ台があり、それで勝ちたいと思っていたりするのです。

 

今ですと人気漫画やアニメをモデルにした台がシリーズ化され、また人気ドラマなども台となって男女問わずに人気となっています。

 

パチンカスにも台の好みがあり、パチンコ情報サイトでは台の人気投票まで行われているほどです。

 

私が救い出した人たちもやはり好みの台があるようで、食事をしながら嬉しそうに話していましたが、私にとっては苦痛でしかありませんでした。

 

「何で人生狂ってるほど借金あるのに、ここまで嬉しいんだろう?馬鹿だからかな」とか感じてました。

 

またパチンコの台を作っている有名メーカー達もしっかりリサーチしたうえで台を作っているので、人気になった物はシリーズ化されていきます。

 

誰もが知っている人気アニメや時の話題となったドラマがモデルになっており、名言や名シーンが再現されたりしているのです。

 

これらのシーンがどうしても見たい、あと一歩で見れそうとか思っているとどんどんハマっていき立派なパチンカスとして変貌を遂げる事となります。

 

こうしてパチンカスからの借金まみれといったお決まりの転落コースをたどっていくという一連の仕組みが出来てしまうのです。

パチンカス初心者のビギナーズラック

パチンカスにハマる1歩目がビギナーズラックとも考えられます。

 

これは初めてパチンコを打った人がいきなり大当たりを出してしまう現象です。

 

実は私もかつて先輩に連れられて1度だけパチンコを打ったことがあります。そこでいきなり大当たりが出てしまいました。

 

ですが私はそういった事も良く分からずに打ち続けていると出玉は全て無くなってしまいました。そこで私のパチンコに対する興味もすぐに尽きました。

 

どうやらこのビギナーズラックがキッカケでパチンコにハマってしまう人達もいるようです。またあの大当たりを体験したい!といった射幸心がたまらないのでしょう。

 

一説には店側が初心者っぽい人を見つけたら、遠隔操作で大当たりが出やすいように仕組んでいるといった都市伝説みたいな話もありますが真偽は分かりません。

 

こういったビギナーズラックというのは色んな事でもおきるのですが、得意にパチンコだと勝てばお金が増えるというギャンブル要素がパチンカスを増やしているのは間違いありません。

 

私の場合は全くパチンコに興味が沸きませんでしたが、友人たちは次々にハマっていき、後に借金地獄の末路をたどる事となって行きます…。


http://www.carameldow.com http://behnitz.biz/ http://dachland-immobilien.biz/ http://multi-cinema.com/ http://littlepink.me/ http://ponsherrera.com/ http://best-news-site-ever.com/ http://ferieninsel-ruegen.com/ http://bluecoral.org/ http://dterrace.com/ http://realsmartnow.net/ http://nawbolakelandmetro.org/ http://www.fvchamp.com/ http://dabakerynyc.com/ http://2girlphototique.com/ http://ristorantelacquapazza.com/ http://iphonesellbacks.co/ http://darkandlightbooks.com/ http://procoachforum.biz/ http://longislandjeweler.info/